切手で価値が高いのはどんな切手か?

 

切手で価値が高いのはどんな切手か?

 

皆さんが切手を売却するうえで一番気になるのは、ご自分が持っている切手が一体いくらで売れるのか、どんな切手が高く売れるのかという点ですよね。

 

今回はどんな切手が高く売れるのかを解説していきたいと思います。

【プレミア切手とは?】

 

額面よりも価値が高い切手のことを総称してプレミア切手と呼びます。例えば1円切手の売却価格が2円だった場合もプレミア切手として扱われます。

 

極端な例ですと、額面の100倍、1000倍以上の価値がつくものまであります。

【現在発行されている切手は高く売れる?】

 

現在郵便局等で販売されている切手は当然希少価値がなく、額面以上の金額で売却することは難しいです。これは記念切手や特殊切手についても同様で、専門店でもほぼ額面以下での買取になっています。

 

価値が高まるまで100年近くの年月が必要かと思われますので、大事に保管しておきましょう。

【昔の切手は高く売れる?】

 

通常ならば骨とう品などを売却する場合、古いもののほうが骨とう品としての価値が上がるため、高額査定になりやすいです。切手に関してはどうでしょうか?
総じていえば、昔の切手の多くは今やプレミア切手となっています。

 

ただし発行年代やその背景によって価値はものによって大きく異なります。

 

例えば、太平洋戦争中に発行された切手についてはそれ以前のものよりも高めの価値がついているものが多いです。これは戦時中に発行された切手の枚数自体が少なかったことに加えて、「軍事切手」と呼ばれるこの時代にのみ発行された切手の価値が群を抜いて高いからだと思われます。

【海外の切手は高く売れる?】

 

日本国内にいる場合、外国の切手の入手難易度は比較的高めです。したがって外国切手にも高い価値があると思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし外国切手すべての価値が高いわけではなく、日本国内で人気が高いのはほんの一握りの種類だけです。

 

国内で人気の高い外国切手の代表例は、切手を集めている方ならば一度は聞いたことがある「中国切手」ですね。

【中国切手ってなに?】

中国切手とは中国で発行された切手全般を指しますが、高額査定がつく中国切手はほんの一握りです。特に価値が高いのは「赤猿切手」と呼ばれる切手に代表される文化大革命の時期に発行された切手の数々です。

 

当時、中国では切手を集めることが禁止されており、外国人が土産物として切手を買っていくだけになっていました。その結果、この時代の切手は中国国内にはほぼなく、諸外国に少数存在するだけになりました。

 

そして現在になって中国の方々がこの時代の切手を求めているため、価値が上がったのです。

 

ただ現在、中国切手の価値はその需要の減少から価値がじわじわと落ちてきています。売却を考えているならばなるべく早めに売ってしまうことをお勧めします。

【現行の切手でもチャンスが生まれる「エラー切手」】

高額査定がつく切手の一つに「エラー切手」と呼ばれるものがあります。エラー切手とは切手の種類に関係がなく、印刷ミスなどで通常と違う形式になってしまった切手全般を指します。

 

例えば切手の周りについている切り離し用の点が不自然に多いものだったり、図案の向きがさかさまになったりしているものなど、その種類には様々なものがあります。

 

中国では、辛亥革命を主導した孫文をモチーフとした切手があり、エラー切手がなんと5,000万円以上の金額で落札されたことがあります。

 

1枚でも数百万円以上の価値になる、なんとも夢のある話ですね。

 

まとめ

 

今回は価値が高い切手とその種類についてご紹介していきました。
特にエラー切手をお持ちの皆さんは、高額で売却できる大チャンスだと思いますので、ぜひ鑑定に出してみてください!

髪でお悩みの方は、こちらルエハもご参考にどうぞ。